', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ミドリムシサプリメントでダイエット効果を試そう

ミドリムシ 燃料

ミドリムシ 燃料


今はバイオ燃料といえば、植物由来のエタノールが主流ですが、

アルコールは重量あたりの発熱量が炭化水素に比べて少ないため、

自動車に良くても、航空機燃料には使えない。


しかし、ミドリムシ燃料はジェット機を飛ばすだけに充分な

発熱量を持つだけに、その他にも様々な展開が可のです。


さらに、化石燃料にかなず含まれる硫黄分がないことから、

燃焼しても有害な硫黄酸化物を生じないという

クリーンな点を考えても、単なる石油代替でなく、

より高い価値を持つ商品と言えます。


ちなみに、生産されるミドリムシ燃料をエネルギーの量として計算すると、

培養プール1平方メートルあたり1日に145.2ワット時となり、

この数字を見ると、太陽電池の発電量の6割に相当します。


単純にエネルギーープラントとして比較するなら、

太陽法発電の方が有利なように思いますが、

実際に生産されるものが、燃料と電力とでは、

評価の仕方が違ってきます。


電力は便利なエネルギーで、特にデジタル回線やインバーターの

技術が進歩してからは自由に制御できる様になったことにより、

家電品の省エネ化が大きく進みました。


デメリットとして、

保存や輸送に向かないという大きな欠点もあります。


つまり地産地消なら良くても流通はされにくいということです。


バッテリーの重量が重いことから、

電気で飛行機を飛ばすのも無理です。


様々なエネルギーを比べていくと、

化学エネルギーの保管庫である燃料は、

総合的に最も便利であることがわかります。


特に液化燃料は、タンクがあれば簡単に貯められるうえに、

タンクローリーやパイプラインでどこにでも運べます。


そのまま燃やしてもいいし、電気や運動エネルギーに帰るのも自由です。


輸送性に優れているということは、

人里離れた土地で生産し、需要が有る年に運んで売ることが出来るわけで、

ミドリムシの培養プラントのために広いスペースが必要だとしても

低コスト化は可能ということです。


沖縄の太陽発電所で作った電力を

東京に持ってくることはできないのだから、

そのように考えると、

ミドリムシ燃料には十分に経済性がある党な気がします。


バイオ燃料は石油に比べると割高な燃料と言われてきました。


しかし、バイオエタノールであれば、

現在既に、1リットルあたり50円程度で製造できる技術が

確立してきています。


1バーレルあたり約80ドルに。


ただし、エタノールの発熱量は、ガソリンの6割ほどしかないので、

今後どうなるのかは難しい。


しかし、ミドリムシ燃料の場合では、

生産される商品がエネルギーだけではない点にある。


重量の約30%が油脂だとすると、

残りの約70%は豊富な栄養素を含んだタンパク源なので、

食料や資料の原料になり。


つまり、燃料の生産と並行してできることで、

フィジビリティスタディをもっと正確にすること

そこから生まれる売上もカウントしなければならない。


燃料の炭素原料となる二酸化炭素が多く発せするのは、

発電所やセメント工場、製鉄所などから、

処理料を受け取る排出権のビジネスを展開することもできる。


つまり、ミドリムシのビジネスはたよな商品を

バランス良く組み合わせることで、収益構造が大きく変わってくるし、

そのあたりの設計能力を成功させるのが鍵になるのです。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional