', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ミドリムシサプリメントでダイエット効果を試そう

ミドリムシ 飼料

ミドリムシ 飼料


ミドリムシの豊富な栄養は、家畜や養殖魚用のしようとしても有効です。

しかも動物たちは口に合えば、どんな食材も先入観なく食べてくれるので、

市場の成長は食品より早いのではないかと見ています。


ミドリムシから作られるしようが期待される理由には、

次のようなものがあげられます。


1 高タンパク

2 高い安全性

3 家畜や養殖魚の健康増進

4 養殖魚に好まれる味




1  高タンパク

家畜や養殖魚において成長の促進は最も重要な経営課題です。


少しでも早く出荷できれば、収益の機会を増やすことになるし、

投資の期間やコストを減らすことができます。

そこで利用されるのが、タンパク質を強化した飼料です。


タンパク質を十分に与えることにより、

体重を増やせるばかりでなく、乳牛の場合は、

産入量も多くなります。


ミドリムシは単に高タンパクだけでなくアミノ酸をバランス良く含む上に、

植物性の栄養素も豊富なことから、装飾の家畜向けの飼料としては、

肉骨粉や魚粉よりも適しているのではないでしょうか。


また、豚やニワトリなど食の傾向が異なる家畜にも広く与えられるわけで、

対象を選ばないでいいのは、飼料原料として大きな強みです。


質の良いたんぱく質を含むミドリムシを食べて育った牛は、

柔らかく、味のおよい肉質になると言われます。


それをブランド化して、高値で取引ができるかもしれません。


食品として馴染みの少ないミドリムシを、

口にするのをためらう人のために、間接的にミドリムシの持つ

豊富な栄養素を利用できます。


2 高い安全性


人口の濃厚飼料は必要に応じて多様な栄養素を加えられるが、

配合する原料の種類が増えれば増えるほど危険な物質が混入する

リスクは高まる。


肉骨粉を通じて狂牛病が広まってしまった事件があった。


化学的に合成した物質も家畜や養殖魚の健康にいいものばかりとは限らない

それらを食べる人間にとってもあまりイメージはよくない。


ミドリムシは天然素材なので、危険性のある物質は含まれない上に、

豊富な栄養素を持っているので、配合にあたって他の多くの原料を

混ぜ合わせる必要がない。


つまり、原料の出所や由来を完全に管理できるので、

安全性を保証できる価値の高い飼料となるのです。


3 家畜や養殖業の健康増進


栄養価が高く安全なミドリムシ飼料は、

家畜や養殖魚を健康な状態に保つ効果がある。


ミドリムシを餌にした魚の養殖は長年に渡って研究されており、

稚魚の致死率が低減すると言った報告がされているほどです。


ニワトリにミドリムシ入りの飼料を与えて育てた場合は、

一般の餌の時に比べて筋肉に含まれるタウリンの量が

増加するという結果が出ています。


タウリンという物質は人間にも多く含まれる物質で、

身体や細胞を正常な状態に戻そうとする働きがあります。


また、肝臓機能の強化や血圧低下の効果などがあることから、

定期的な摂取が望まれている栄養素のひとつです。


それが増えたということは、

鶏肉がより栄養豊かな食品に変わったわぇで、

ミドリムシは商品価値を高める飼料と言えます。


4 養殖魚に好まれる味


ミドリムシの「味」も飼料にするうえでは、

重要なポイントとなります。


主に養殖の対象になっている魚は、

ブリ、ハマチ、真鯛、ウナギ、などです。


しかしこれらの肉食魚は、植物性のタンパク源として

家畜用飼料などに配合される大豆やアブラナの

油かすを美味しいと感じないのか、

配合した餌をあまり食べません。


このため養殖魚では、イワシなどを原料として

魚粉入りの資料を大量に用意しなければならず、

これがコストの増大につながります。


しかも近年、この魚粉の輸入価格の値が急激に上がってきいます。


2005年ごろには、1トンあたり7万円程度だったのに対し、

2013年には、17万円近くになり、

10年足らずで約2.5倍に値上がりしました。


これは深刻な状態です。


これで、魚粉の代替品としてミドリムシに注目が集まっています。


動物的な細胞をもつミドリムシは、

肉食系の養殖魚も旺盛に食べることがわかっていて、

十分にその役割を果たしています。


5 供給と価値の安定


なぜ魚粉の供給が需要の増大に追いつかず値上げを続けているかというと、

生産を拡大するには限界があるからです。


魚粉の主な原料は、漁によって水揚げされた魚のうち、

サイズが小さかったり、傷がついていて商品にならなかったものや、

市場で売れ残ったものの、元をたどれば、大半が天然魚であることがわかります。


つまり、生産される量は必然と決まってきます。


一方、人工培養によって培養されるミドリムシは、

市場の拡大に合わせて設備の増強ができる上に、

乾燥粉末すれば長期保存が可能であることから、

需要の増減の対応しやすい商品と言えます。


この「供給と価格が安定している」という点に置いて

非常に重要なことです。


家畜業や養殖業においては、

資料価格が最も多くなりすくろなるからです。


肉用牛が出荷するのが生後約3年、真鯛の養殖期間も2~3年であり、

その間に資料のコストが大きく上下すると、

経営計画そのものが破錠してしまうからです。


もちろん値上がりは利益の圧迫あるいは赤字に直結するので困ります。


かと言って値上がりは伝わることによって、

生産した商品を安く買い叩かれ、

期待通りの収益ん煎繋がらなくなる可能性があります。


ですので、農業に比べて、コストの変動には、

俊敏にならざる負えない現状です。


このため、多少高い飼料であっても、

この価格が長期にわたって保証されるのであれば、

十分に魅力的と言えます。


なぜなら、それに見合った値付けをしても

商品が売れるルートを開発すればいいからで、

「ビールを飲ませて育てた高級肉牛」などというのはその代表です。


ビジネスにとって怖いのは、高いコストではなく不安定なコストです。


だから、ミドリムシは魚粉に変わる飼料原料として有望な商品になりえます。


しかも、ミドリムシからの燃料産業が事業化すれば、

油分を抽出した残渣がたいりょうにでます。


その残渣には、たんぱく質が多く含まれることから

飼料の原料として有効利用でき、それを利用することで、

今より低価格による安定供給が可能になります。


魚粉の価格はこれからも上昇することがあるかもしれませんが、

食の多様化という生活上のトレンドは、

一度前に進むことはあっても、後戻りはしないからです。


つまり魚食の拡大はたとえ景気が悪くなったとしても

進む訳で、魚粉の価格もそれに引っ張られていきます。


だからこそ、ミドリムシの価格をリーズナブルなものにできれば、

魚粉に代わる新たな動物性タンパク質として大きな市場を獲得できすのです。


植物性の栄養素を含むミドリムシは、

魚粉より優れている面もありので、

むしろ売りやすい商品でわないでしょうか。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional