', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ミドリムシサプリメントでダイエット効果を試そう

ミドリムシでダイエット効果

ミドリムシでダイエット効果


ミドリムシでダイエット


メタボリックミドリムシはダイエットに効果があるのでしょうか。


ミドリムシに効果がありそうな特徴は次の点です。


栄養素が豊富でバランスが良い

 カロリー制限時の栄養補給に良い

 代替えダイエットとして使える


パラミロンによるデトックス効果、整腸効果

 脂肪分などの不要物質を吸着して排出

 整腸効果で便秘解消に効果

 毒素排出機能があるクロロフィル(容量素)を含んでいる


脂肪を減らす成分

 EPA、DHA、クロロフィルなど中性脂肪を減らす成分を含んでいる


疲労回復

筋肉を作ったり疲労回復の効果があるアミノ酸は運動と運動と組み合わせると良い


ダイエット=消費カロリー > 摂取カロリー


ダイエット、つまり痩せるには消費カロリーを摂取カロリーよりも少なくする必要があります。


これは原理・原則であり避けられないルールです。


特に私のように中高年の域になると基礎代謝が減るので消費カロリーが増え、

中年太りから抜け出せなくなってしまいます。


ダイエットには摂取カロリーを減らすことと、

消費カロリーを増やす二つのアプローチがあります。


つまり、食べる量を減らすことと、運動です。


多くのダイエット法は、そのどちらかに焦点を当てていますが、

基本的には両方のアプローチを組み合わせるべきだと思います。


脂肪のカロリーは1gあたり9Kcalなので、

1Kgの脂肪を減らすには9、000Kcalのカロリーを減らす、

もしくは消費しないといけないという事になります。


もちろん、かなり乱暴な計算でそう単純ではありませんが、

分かりやすくいうとそうなります。


どちらか一つだけだと大変ですが、

ご飯を1杯へらし1時間のウォーキングをするのは難しくないと思いませんか。


食事制限中の栄養補給、置き換えダイエットに


食事対策ミドリムシは栄養素を多く含みバランスも良いので、

食事制限(カロリー抑制)の時の栄養補給に良いと思われます。


食事を減らして筋肉量が落ちて基礎代謝が減ったり、

ビタミン不足になり肌が荒れたりすることが少なくなるでしょう。


朝食などをなくして栄養商品に置き換える、置き換えダイエットにも使えそうです。


寒天などのカロリーは少ないけど、栄養素も補給できないようなものよりは良さそうです。


その時はタブレットのサプリメントなどよりも、

お腹にたまるミドリムシクッキーなどが向いているでしょう。


運動の前後にアミノ酸をとる


適切な運動消費カロリーを増やすのは、

運動をするか、基礎代謝を増やすことしかありません。


つまり有酸素運動と筋トレです。


脂肪燃焼系のサプリメント、

たとえばカプサイシン(トガラシ)などは燃焼の効率をよくする栄養素たちです。


しかし、肝心なのは、「脂肪を燃やすのは運動だ」ということです。


ミドリムシはカプサイシンなどは含んでいませんが、

運動を効果的にする意味ではアミノ酸が有効でしょう。


アミノ酸は運動の後の疲れを回復し、筋肉などをつくります。


アミノ酸は筋肉を作っているタンパク質の原料です。


ミドリムシは脂肪を排出する


ダイエットではデトックス効果もよく話題になります。


しかし、脂肪を排出する機能は、お腹の脂肪をどれだけ減らしてくれるでしょうか。


便秘の解消は腸にたまった便を減らすだけです。


脂肪の吸着は血液中の脂肪分、もしくは腸などの消化管内の脂肪分を排出します。


お腹の脂肪を直接、外に出してくれるわけではありません。


しかし、血液中の中性脂肪などを減った状態で、

運動などでエネルギー消費を行い不足状態になれば、

内臓脂肪、皮下脂肪から供給されてお腹の脂肪が減ることになります。


強力な排出機能を持つパラミロンはミドリムシしか持っていません。


ミドリムシはパラミロンを多く含み、同様に排出機能のあるクロロフィルも含んでいます。


ミドリムシを食べていれば、何もしなくてもダイエットできるということはないでしょう。


しかし、ミドリムシの特徴は沢山の栄養素を含んでいることです。


その中にはデトックス効果の期待されるパラミロンもあります。


ダイエットの基本は食事制限と運動です。

それらを行っていくうえで、ミドリムシは協力な助けになることでしょう


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional