', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ミドリムシサプリメントでダイエット効果を試そう

ミドリムシに含まれる栄養素

ミドリムシに含まれる栄養素


ミドリムシに含まれる全59種類の栄養素


ビタミン類(14種)


α-カロテン、β-カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK1、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸


ミネラル類(9種)


マンガン、銅、鉄、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、ナトリウム


アミノ酸類(18種)


バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、リジン、アスパラギン酸、

グルタミン酸、プロリン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン、

チロシン、トリプトファン、グリシン、セリン、シスチン


不飽和脂肪酸(11種)


DHA、EPA、パルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、エイコサジエン酸、

アラキドン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸、ジホモγ-リノレン酸


その他(7種)


パラミロン(β-グルカン)、クロロフィル、ルテイン、ゼアキサンチン、GABA、

スペルミジン、プトレッシン


これを見てどう思われましたか?


ミドリムシは植物、動物の性質を持つことから

植物に含まれるビタミンCや葉酸、

動物に含まれるDHA、EPA、ビタミンB1と、

両方の栄養素を備えています。


また、生物学的な大きな特徴として忘れてはならないのは、

植物にある細胞壁がなく、細胞が細胞膜で構成されていることです。


ちなみに細胞壁があると、

人間はこれを分解するセルラーゼという成分がないため、

栄養素の消化効率が悪くなってしまいます。


しかし、ミドリムシの細胞を覆っているのは細胞膜のみであるため、

効率的な栄養吸収が可能となります。


つまり、ミドリムシは植物の栄養素を持ちながら、

細胞膜でしか覆われていないのです。


これは本来なら吸収効率の悪い植物性栄養素を、

ミドリムシでなら動物性栄養素と同じくらい、

確実に体内で取り込めることを意味しています。


植物的な性質と動物的な性質を併せ持つ、見事な栄養素を含んでいます。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional