', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ミドリムシサプリメントでダイエット効果を試そう

ミドリムシの特性

ミドリムシの特性


ミドリムシの優れている栄養価と吸収性


ミドリムシが注目されているのはなぜか?


クロレラより、さらに優れた点を多く持っているからだ。


栄養成分を比較すると、最も特徴的なのが、

タンパク質を構成する「アミノ酸」です。


クロレラが、トリフトファンやリジンを多く含みながら、

含流アミノ酸が不足しているのに対し、

ミドリムシは人体に必要な必須アミノ酸9種類のすべてを

バランスよく持っていることです。


もう一つ比較材料にしているのが、「スピルリナ」です。

スピルリナはアフリカや中南米などの湖の自生する藻類で、

真核生物ではなく真正細菌の一種です。


クロレラと同様にタンパク質が豊富であることから

健康食品に使われています。


アミノ酸の構成もクロレラとよく似ているのが特色です。


これら3種類の藻類を食品中のタンパク質の品質評価基準である

アミノ酸スコアで表すと、理想値が100に対して、

ミドリムシが83、クロレラが54、スピルリナが51と、

ミドリムシが群を抜いて優れていることがわかります。


もう一つは、ミドリムシには動物的だからこそ大きなメリットがあります。


生物の細胞は細胞膜によって外界から隔てれていますが、

植物の細胞は更に外側に細胞壁があります。


この植物の細胞壁の代表であるセルロースや

木材の主成分であるリグニンのような丈夫な物質から出来ていて、

細胞を防御するばかりでなく、

細胞間の連絡などの役目を果たしているらしいのです。


動物の場合には、内部に細胞骨格という

細胞の形態を維持する構造に当たるため、

細胞壁はありません。


運動をするには、

細胞壁を持たない軽い細胞の方が有利だったことから、

そういう形に進化してきたのでしょうが、

もちろん防御力で比べるなら植物のほうが圧倒的に強いです。


細胞内部の栄養素を取り出すには、細胞壁を破らなければなりませんが、

残念なことに、多くの動物は、セルロースを分解できるセルラーゼという

こうそを持っていないからです。


このため、植物を食べっ時には、よく噛んで細胞を破壊するか、

あるいはセルラーゼを産出する植物を体内に共生させる方法を

選ぶしかありません。


牛や羊などは後者のパターンで、

長い消化管にこのような役目を果たすみ生物を住まわせています。


そけで、繊維の塊のような牧草までも栄養素にできるのですが、

それでも最初は石臼のような歯で、すりつぶした上に、

食後は反を繰り返しながら長い時間をかけ消化しなければならないのが、

この作業が楽ではないことがわかります。


当然、人間もセルラーゼを持っていません。


牛や羊のような強靭な歯も胃もないので、

細胞壁が弱そうな植物を選んで食べるか、

加熱して細胞壁を墓することでなんとか食料にしてきました。


それでも口にした野菜の大部分は、消化できず排出されてしまうので、

肉や魚に比べるとかなり効率的な食料とは言えまえん。


植物であるクロレラは、細胞壁を持つので、

加熱や切断処理をしても栄養分の消化吸収率は、

40~60%に留まります。


それに対して、動物的なミドリムシには、

細胞壁がなく、この数字は93.1%にまで高まります。


つまりもっている栄養素を、ほとんど無駄なく利用できるわけで、

このような特徴を持つ藻類は、

今のところミドリムシだけです。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional